いよいよ桜の丘竣工式を迎えます

外観です。周辺は障害者入所施設、養護学校など障害福祉サービスが中心の福祉エリアです。その中に障害ショートステイサービスは実施するものの特別養護老人ホームを中心とした運営が始まります。

桜の丘エントランスお迎えの看板です。

白山福祉会定番の定礎ですが、桜の丘の礎を築いた人々ということで、設計、施工、施主、法人職員、地域の方や関わっていただいた方など、今回は全て入っています。1500名

桜の丘整備にあたっては東京大学生(レゴ部)も建築関連学科ということでインターンシップ生で参加し、学生による桜をもチームにした桜の作品を製作していただきました。

入口エントランスはソファー側面がミラーとなっており圧迫感なく広々と感じる錯覚を起こしてしまいます。

何といっても、今回も常設の「レゴ®認定プロビルダー三井淳平アートミュージアム」全4作品となります。

さて、8月23日の竣工式に向けて準備が着々と進んでいます。

 

2019年8月17日 社会福祉法人白山福祉会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL